デリケートゾーン 黒ずみ対策 口コミ

デリケートゾーンの黒ずみ対策方法

ではどうるればいいのか。
まず刺激や摩擦などからデリケートゾーンを守ることです。

 

刺激を避けることでメラニン生成の活発化を防ぎます。
夜寝るとき下着をつけない女性もけっこう増えています。
また締め付けのつよい下着ではなく、ボクサータイプやトランクスタイプの下着を就寝時につけるなどの工夫が必要です。

 

デリケートゾーンの毛のお手入れのつもりで毛抜きでツンツン、カミソリでジョリジョリ。
これだけの刺激を与えれば黒ずむのも仕方ありませんよね。
デリケートゾーンの脱毛には特に慎重におこなってください。黒ずみだけでなく、毛嚢炎や毛穴が赤黒くブツブツができたりしてしまいます。

 

デリケートゾーンの脱毛に最適なのはこれ。

 

 

 

デリケートゾーンの皮膚は非常に薄いです。
入浴時にボディーソープなどでグイグイ洗っちゃうと、界面活性剤の刺激などで黒ずみの原因となります。
黒ずみを解消するには、毎日の入浴時のお手入れもかかさず行いましょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみ対策にはこれ⇒デリケートゾーンの黒ずみ専用ジェル!【イビサクリーム】

 

 

デリケートゾーンの洗い方

 

 

デリケートゾーンはその名の通り、非常にデリケートにできています。
皮膚も体の中で皮膚の層が一番うすいのです。
もしかして、臭いや黒ずみが気になってゴシゴシ、ぐいぐい洗ってませんか?
これは確実に逆効果なんです。先ほどもいったように刺激、摩擦などはメラニン生成を促しますし、皮膚にもかなりのダメージを与えます。
また黒ずみを改善したいのであれば、石鹸にも気を使いましょう。
石鹸選びの基本は、弱酸性の石鹸を選ぶことです。

 

また最近ではデリケートゾーンの黒ずみに悩む女性のために、デリケートゾーン専用石鹸などは市販されていますので、そのようなものを選べば安心かと思います。
それは、他の石鹸とは違い、界面活性剤や防腐剤などのデリケートな部分にはよろしくない成分が入っていないものが多くて安心です。
また、これは一番大事なことですが、デリケートゾーンには自浄作用に必要な菌があり、これを洗い流してしまうと臭いやかぶれ、かゆみの原因となり、結局は黒ずみの原因となってしまうのです。
デリケートゾーン専用石鹸にはこのような必要な菌を洗い流すことなく清潔に保てるので、黒ずみや臭いが気になる方にはかなりおすすめです!

 

 

口コミでの評判がいい「デリケートゾーン専用石鹸」はこちら⇒LCラブコスメ公式

 

 

洗い方にも注意が必要です。
先ほど説明したように、ゴシゴシは厳禁です!
デリケートゾーン専用石鹸にはたいていきめ細かい泡を作るスポンジのようなものが付属してることが多いです。(ない場合は泡立てネットなどで)
イメージとしては、石鹸でこすり落とすのではなく、きめ細かい泡でよごれを包み込ませるイメージです。石鹸は本来そうゆうものらしいです。(^^;

 

細かく泡立てたらデリケートゾーンにたっぷりと塗ってあげてください。決してアカスリでこすって洗わないように、指の腹でさする程度にしてください。
そして少しの間放置してください。
最初は気持ち悪いかもしれませんが、細かくしっかり泡立てた石鹸ならばしっかり汚れを落としてくれます。
汚れを落とすことにムキになるよりも、デリケートゾーンの皮膚を健康な状態に保つことに気を付けてください。
無菌状態が清潔なのではありません!くれぐれも必要な菌まで洗い流さないように!

 

 

口コミでの評判がいい「デリケートゾーン専用石鹸」はこちら⇒LCラブコスメ公式

 

 

ジャムウ

デリケートゾーンの黒ずみを解消する食事

 

 

食事を変えたからといってすぐに黒ずみが取れるというわけではありません。
期待する気持ちもわかりますが、即効性のある処置をしながら正しい食生活でフォローしていく覚悟が必要です。
また食生活を変えることで、よく言われる肌のターンオーバーを促進させることでデリケートゾーンの黒ずみを改善させることができるのです。
黒ずみを短期間に改善させるためには、身体の外と中から同時にケアしていくことが最も重要なのです。

 

では黒ずみ解消に必要な栄養素(食事)は何なのか。
それはビタミンです。
ビタミンには何種類もありますが、ビタミンAには肌のターンオーバーを促進させる効果があります。また皮膚の修復にも大きくかかわっているのです。

 

ビタミンBには皮膚や粘膜の修復に効果があります。よく口内炎になった時にビタミンB群を摂取すると治りが早いといわれるのはこのためです。
また不足すると乾燥肌にもなり、黒ずみの原因にもなります。

 

ビタミンCは特に黒ずみにかかわってきます。
抗酸化作用はもちろんのこと、コラーゲンとのかかわりも深く、黒ずみの原因となるメラニンの抑制に効果があるのです。

 

 

ビタミンAを多く含む食材

 

レバー うなぎ 海苔 メロン 干し柿 プルーン 抹茶 とうがらし バターなど

 

ビタミンBを多く含む食材

 

レバー うなぎ 納豆 卵 海苔

 

ビタミンCを多く含む食材

 

赤ピーマン 黄ピーマン 海苔 パセリ レモン アセロラジュース ブロッコリーなど

 

 

 

もう一つ忘れていけないのは「水分」です。
最近の女性は水分摂取量が少ない傾向にあります。
これではどんな栄養素を摂取しても体内の水分量が不足していては何の意味もありません。
しっかりと水分を補給し、汗をかき、老廃物を排出しましょう!
また、ビタミン群をサプリメントで補おうとするのはあまりお勧めできません。
基本的に食事として取り入れることが一番です。
サプリメントで補給するのは最終手段と考えたほうがいいようです。
それだけ普段の食生活が美容と健康に大きくかかわっていることをお忘れなく!